メニューボタン
求人一覧へ
採用担当者の方へ 新規登録
サーチボタン
×
ログイン 新規登録 採用担当者の方へ
×

求職者ログイン

メールアドレスでログイン
×

求職者アカウント登録

Facebookに勝手に投稿することは
ありません。

メールアドレスで登録

未来の農業を一緒につくるロボットエンジニアを大募集!

分野
ロボット
職種
ハードウェアエンジニア
職種詳細
ロボットアーム開発/ミドルウェア開発
求人の特徴
ベンチャー、週3日以内勤務OK

この会社について

何をしている会社?

農家さんと一緒に現場で作業をすることもあります。

全国に協力農家さんが多数いらっしゃいます。

第一弾として取り組んでいるのは、農作物の収穫ロボットです。
収穫作業は、時間的にも肉体的にも、農家の大きな負担になっており、「どうしたら野菜が美味しくなるか」というクリエティブな所に時間を避けていない現状があります。
収穫ロボットのなかでも「選択収穫」と呼ばれるジャンルのロボットを作っています。
圃場内を自律走行しながら、AIを使った画像処理で野菜の状態を判断して、ロボットアームが傷つけないように収穫します。
日本はコメ大国な事もあり、コメ向けの「一括収穫」機は多くありますが、農作物の状態を判断して収穫を行う「選択収穫ロボット」分野はまだ勃興したばかりです。
「人がやらなくても良いことはロボットがやる未来」では「きつい」「きたない」は必ず解決されます。そうなった時、農家はどうしたら野菜が美味しくできるかに没頭する”クリエイター”として「超かっこいい」存在です。

職場の雰囲気

北海道の農家さんとも連携しています。ときには職場が北海道です!

撮影機材を自分たちで作ることもあります。

【現在のフェーズ】
シードフェーズの調達と特許出願が完了し第一弾のプロトタイプの開発をほぼ終え、
実証実験を行うところまできています。
ここまでは全国の農家へのペインや事業性についてのヒアリング、ロボットのフィジビリティの確認、アライアンス構築を中心に動いてきました。
【体制】
すべてを自社開発するのではなく、
多くの会社や学術機関から協力を得ながら進めています。
AI:自社開発
ロボットアーム: 東京工業大学の研究室と共同開発
ベース車両:某農機具メーカーとのアライアンス。
センサ :一部上場企業と最先端の測距技術を使って開発。
外部のパートナーと連携しながら、設計およびコア部分に関しては内省化しながら進めています。

×

企業情報

企業名

inaho株式会社

代表者名

菱木 豊

設立年

2017年

資本金

¥5,495,000

上場区分

非上場

サイトURL

http://inaho.co/

従業員数

1~9人

ソーシャルアカウント

事業内容

inaho株式会社では、"AI農機具ロボット"を開発しています。
農家の大きな負担となっている仕事を、今だからこそできるテクノロジーを使って解決し、彼らと楽しく仕事ができる環境を提供するべくスタートしました。

1,収穫用のロボットアーム開発
2,ロボットの自律走行システム開発
3,AIを用いた画像認識システム開発
4,距離画像センサを用いた認識システム開発
5,上記を取りまとめるミドルウェアのシステム開発

上記に関連する部分を開発しております。

所在地

〒248-0014
神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2−13−1−507